Gran Turismo6 新トレイラーとスペックリストを公開

GT.COMにて発売直前情報が一挙に公開されました

GT6 Concept Movie #6 “Start your Engines”

先に上げた車種リストを見てもSGT好きには歓喜かもしれないレースカーの収録増sgt

ヒストリックカーマニアには「何故この車が無かった」と言われ続けた車種も収録gw

クラシックでもコンセプトがお好きなポリフォニーさんですね…ws

ベイロンはプレミアムに昇格するも、バリエーションが増えないと面白みに欠けるかもbv

エレメント含め、使い処が無さ過ぎたSUV勢もイボークが新規追加されたが、今後はJEEPルビコン等の多種多様な4WD車の収録を期待したいですねev

年式的に意外な車種も新規収録されており、「テレ朝でルマンの中継を行っていた時代の子」としては懐かしい国際開発のマクラーレンF1 GT-R(使い処に困りそうだが…)s

そして、GT5でも収録出来た疑惑も個人的にはあるBMW GT2モデルも新規収録x

GT2では収録されていたパイクスピークも、「コースではなく」モンスター田嶋のスペシャルなEV車両が新規収録pphc

コースレイアウトではハードチューンを施さない市販車で走ると、確実に気持ちの良いレイアウトのアスカリレースリゾートas

ウィロースプリングスはアメリカの筑波サーキットとも言える、アメリカ人にとっては馴染み深いサーキットr

一瞬サッカーゲームのでも出すのかと思わされたスタジアムも収録され、バリヤの撤去やパイロンの設置が可能との事w

「コースではなく、もはや地球を再現」とまで言わしめる大幅なグレードアップq

このデイトナの夜のシーンは自分含めアメリカ思考の人間には溜まりませんね!v

相変わらずレッドブルレーシングとのX~プロジェクトは継続中rbr

「先生!こんな感じで如何しょう?」『ふむふむ、流石だね山内君。私がそこに手を加えるとするとゴニョゴニョゴニョ…」そんな会話も聞こえてきそう

ポリフォニーはJAXAよりも先に月面のシミュレートに成功したのか…z

最後のシーンにコレを持ってくるのは、もはやウケ狙いなのか本気過ぎてどうにかしちゃったのか判断に困る(笑)

 

□レースモードpl

オフラインでは本流とも言えるキャリアモードで下記の要素に注目

上級レベルのイベントにはめまぐるしく天候が変化する「スパウェザー」を再現したイベントや、短時間で耐久レースの雰囲気を楽しめるイベントなど、豊富なイベントが用意されています。イベントに勝利するとゲーム内クレジットが獲得でき、クルマやパーツが購入できます。

「まさにニュル24分」的なイベントが登場するという事なのだろう(笑)

他にもコーヒーブレイクやオンラインでのクイックマッチも復活

 

□その他:UIやチューニングメニュー

「見辛く」「ソートし辛く」不満タップリだったGT5のガレージもGT6で一新されたが、3Dモデルが表示された事で、なんだか余計見辛く「モッサリ」したソートになりそうなのが不安要素i1z3gjbeAKyz5b

ディーラーではプレミアムカーとSTDカーの区別が無くなり、全ての車種を購入可能との事だが、簡易コクピットビューやギャラリー非対応i1aQA1eTaV0N6Ec

中古車という概念は無くなったのか?

チューニング関連では、GT5では何故か消滅したブレーキ強化とNOSが復活し、サスペンションチューニングも、歴代の大雑把な物からKWご指名?なのか、レーシングソフト、レーシングハード、ラリーサスペンション、お馴染みのフルカスタマイズサスペンションとなっているi1c4KC7eRLP3i (1)

コレは不満が出そうなペイントだが、入手した車種のボディーカラーシステムは継続されるようだが、果たして消耗方式も継続されるのかは未発表で、塗り分け等も現状未対応といった感じかi1MNXvAiY1kgB

「いちいち移動するのが面倒くさい」とも言われるGT AUTOは、更にリッチな表現になりロード時間に一抹の不安を感じるが、個人的にはGT5の全てにおいてロード時間に不満を感じた事がないので、せっかちな人にはどうでしょうか…i1a30SWnYQyxLhB

これまた不満が出そうなボディーキットだが、現状公開されているリヤウィングだけに関して言えば、GT5と大差は無いが対応車種が増えたと言う認識で良いかもしれないi19brbIca4GvsdB

 

□フォトモードgt6p

フォトトラベルで2台並べられる等の進化はあるようだが、最新の一眼レフを…との記載だけなので、このサンプル画像を見ただけではどこまでマニュアルで操作可能なのかは不明。

ISOは前作同様にAUTO固定なのか、シャッタースピードは何処まで弄れるのか(BULBモードがあればな)興味深い。

 

□今後のアップデート対応

Bスペック、コースメーカー、データロガー、GPSビジュアライザー、モバイルデバイス、3D対応が全てアップデートによる対応。

Bスペックとコースメーカーがまさかの「今後のアップデートによる対応リスト」に入ってしまっている事。

3DTVを所有しているが、GT5と3Dのメリットは皆無であり、何度かアップデートされてはいたが、その対応レベルには些かの疑問を感じていたが、やはり作り直しとは言わないまでもリビルドが必要だった模様。

これはGT5での反省点なのかもしれないが、全ての開発が揃うまで発売を延期待していると、ユーザーの留まる事を知らない要求が高まり過ぎて、様々な点が浦島太郎状態になってしまった事の反動なのかもしれない。

 

□GT6対応ステアリングコントローラー

ギルモ Thrustmaster T500 RS、ロジクール
Driving Force GT、GT Force Pro、G27 Racing Wheel、G25 Racing Wheel、GT Force RX、GT Force、Driving Force

カテゴリー: GRAN TURISMO パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中