Asian Le Mans Series 3 Hours of Fuji

予告通り10月はWecで9月はAsLMSというわけで行ってきたアジアンルマンですが、2日通し券を購入しておきながら体調不良につき予選終了後に自宅へ強制送還…DSC06067 (2)

予選日到着するやいきなりFP開始DSC07821 (2)

「まるでSGTを見に来たみたいじゃないか!(SGT見た事ないけど…)」

一応LMP2クラスも2台走ってますDSC08157 (2)

こちらはWECでもそれなりに名門のOAKレーシングの何軍かは不明なAsLMS部隊DSC07938 (2)

GTEクラスもたった1台ですがTAISANが458でエントリーDSC07952 (2)

その他一同…DSC08516 (2)

来年はコレでVLNいっちゃえ!っと思うもナーバス過ぎて北コースは無理か…DSC08676 (2)

タイサンの458GTEは懐かしの飯田章(水戸納豆及びへなちょこアキュラ)と、中野信治(信ちゃん)という興味深い人選も、信ちゃんは来月のWECもチームは不明だが出る気満々のようだDSC08670 (2)

信ちゃんは最近ロシアでの仕事が多いようなので、ルマンでの繋がりを活かしてGドラか、何処かの458に乗るのかもな。

そういえば、今回は余りの集客の無さにインフィールドのCパドック付近の駐車場も解放されており、場内での動きが楽でしたDSC08802 (2)

13コーナーの外に移動したり…DSC08824 (2)

トムスの関谷さんを中心として発足されたインタープロトがサポートレースとして開催DSC08731 (2)

台数が少なすぎて一部の工学マニア以外は寄りつかない感もあるから、PRという側面で見ても結局FIA GT3カーの方がラクって事になるのでは…DSC08694 (2)

で、アジアンルマンよりも目玉だったランボルギーニスーパートロフェオDSC06071 (1)

よーく見てみると空力パーツに差が有ったりして、ワンメイクと言えど面白いDSC09369 (2)

ワールドシリーズではアルツェンとか「セミリタイヤ組だけど未だ若手を負かすポテンシャルを誇るベテラン」も出場しており、このアジアシリーズでも何気に和製アルツェンと言っても過言では無い、あの中谷選手がエントリーしている。

今年はMAXオリドもエントリーしているDSC09507 (1)

ブランパンのロゴが付くだけで海外感が増すからイイねDSC09413 (2)

でもヤッパリ「ここにもいたのか!」感があるペトロナス(笑)DSC09599 (1)

ランボルギーニジャカルタ!!がPR事項のようです…DSC09679 (2)

ディフューザーも結構複雑な作りをしており、ワンメイクと言えどランボルギーニのGT3車両の開発も手掛けるライタエンジニアリングらしい仕上げだDSC09512 (2)

アジアの企業だけどココまでゴリ押しされるとカッコ良く見えるペトロナスDSC09541 (2)

一応ドリフトイベントも併催されていて「HIROTA」てベロッサ→GSのあの廣田選手?DSC09275 (2)

 

AsLMSの予選DSC09111 (2)

最初はSGT勢に煽られると予想していたが、そこは流石にP2としての面目躍如でGT500並みのタイムは出た模様DSC09236 (2)

「よぉ千葉さん!MY13は船便で送ったか!(笑)」久々に見掛けた魔改造996の姿…DSC08840 (2)

マッハ号は勝利に拘らない微妙な車選びだったはずが…DSC08834 (2)

今回100kgのウェイトハンディは解放されております…DSC09005 (2)

三菱グループ企業的に関連性は無いにせよ、スバルに三菱レイヨンがスポンサーについてる事にちょっと違和感を感じるスリーダイヤモンド一派…DSC08965 (2)

そんな違和感は300万vs3000万という図式の前で木端微塵となる…DSC09128 (2)

 

予選終了後、ルマン式のタイヤ交換クルー2名のシミュレーションを行うチーム多数DSC09746 (1)

 

イベントスペースではどーにもこーにも胡散臭ささが止まらない

「全て無料なんです!(でも登録が必要なんです…)」

というFree※※aleのダシに使われるには忍びない、世界の王者「増岡 浩」まさかの起用による悪路同乗走行が開催されていたり…DSC06072 (1)

地方スーパーの土日の駐車場での祭事的な状態の鈴木亜美の無駄遣いだったり…DSC06074 (1)

体調不良により、本来決勝日で撮る予定だった写真が全てパァになったので、今回はちょっと薄目なレポートでした

来月のWECは体調万全で…187603608_624.v1379684577

カテゴリー: ELEMENT, GRAN TURISMO, PHOTO DRIVE パーマリンク

Asian Le Mans Series 3 Hours of Fuji への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2013 FIA WEC 6 Hours of Fuji (report-02) | expediment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中