Nurburgring 24h(120Min) Part’8 [Black Monday] 13:00

6月21日(Fri)24時に開催されるルマン120Minのエントリーも受付中で御座います。

いよいよレースも残すは4時間…

北コースの一部では降雨も確認され、各チーム共にタイヤチョイスに悩まされる。

BGMは7/27までに知名度UPが急務なFeed Meを今回も推していきます

Feed Me ft. Hadouken! – Trap Door

裏BGMはNur Radio毎年恒例a-haをチョイス致しましたのでお好みに応じてご使用ください

a-ha – Take On Me (Official Video)

 

レース開始後、常に3位キープの怪しい走りをしていたフェニックスアウディが夜明けと共に猛烈スパートを開始しトップを奪取ニュルブルクリンク 24h_49 (1)

永遠に続くと思われたファルケンvsブラックファルコンSLSの戦い方との違いに苦戦するファルケンGT-Rニュルブルクリンク 24h_48 (1)

そのブラックファルコンは夜明け共にズルズルと3位にポジションを落としてしまったニュルブルクリンク 24h_47 (1)

中団でもアウディレースエクスペリエンスが夜明けと共に5位へジャンプアップし、アウディ勢の猛攻は続くニュルブルクリンク 24h_50 (1)

ハリボーはRowe EXPにパスされポジションダウンニュルブルクリンク 24h_46 (1)

ナイトセッション専門のEXPからドライバーチェンジしたRowe SLSの現在のスティントは、ペトロナスメルセデスのレーシングスーツを着たシューマッハ兄貴が乗っているのか!?(妄想)ニュルブルクリンク 24h_45 (1)

ノロノロクラスのトップは完璧過ぎてコメントが思いつかないです「CRZ TC」ニュルブルクリンク 24h_44 (1)

でもね、このCR-Zは車両の優遇とかそんなんじゃないんですよ。

単に些細なミスを一切しない無駄の無い走りをしているだけ。

「コンスタントなペースで走る事が重要」と言われる山手線サーキット事、ニュルブルクリンクの正しい走り方なのです。

ノロノロクラスの中団の争いは320iがシロッコをパスニュルブルクリンク 24h_43 (1)

ここで上位2台の順位が入れ替わるニュルブルクリンク 24h_42 (1)

やはり早朝以降のプッシュした走りにアウディはタイヤが悲鳴をあげているようだ

一時は離されていた3位を走行するブラックファルコンSLSも上位2台の争いに加わるのも時間の問題かニュルブルクリンク 24h_41 (1)

メインストレートで並び刺し返すフェニックスアウディニュルブルクリンク 24h_40 (1)

しかし、路面には僅かではあるがドライとは言えないセミウェットというコンディションになってきているだけに、GT-Rがその優位性をちらつかせ1位を死守ニュルブルクリンク 24h_39 (1)

Gazoo Racingはタイヤ戦略に翻弄されダンロップカーブでグラベルに捕まるニュルブルクリンク 24h_38 (1)

あぁ!1位グループを猛追したブラックファルコンまでもがアレンバーグで飛び出し、トップ集団とのビハインドが広がる…ニュルブルクリンク 24h_37 (1)

路面状態は想像を絶する難しいコンディションになってきたようだ…

是が非でも勝ちたいファルケンが2位フェニックスアウディを引き離しにかかるニュルブルクリンク 24h_36 (1)

4大耐久シリーズ勝率No.1を誇るドライバーが搭乗する、3位ブラックファルコンも先程から焦りがみられる…ニュルブルクリンク 24h_34 (1)

Ford GTは勝利戦線から見放されてしまい単独4位走行に終始するニュルブルクリンク 24h_33 (1)

レースも残すは2時間…こんな終盤までテールtoノーズの先の読めない展開になるとは…ニュルブルクリンク 24h_35 (1)

■おっ!コルベットレーシング擬きとジャックダニエルレーシングが未だにプライドをかけた争いを繰り広げているニュルブルクリンク 24h_32 (1)

■ドッティンガーでワークス擬きをパスするジャックダニエルレーシングニュルブルクリンク 24h_31 (1)

■しかし!メツゲスフェルドでジャックダニエルレーシングのインに入ったワークス擬きであったが…ニュルブルクリンク 24h_38 (1)

■あぁ~こりゃ完全に接触してまうなぁ~(SGT青木レポーター風鼻詰りボイスで読む)ニュルブルクリンク 24h_39 (1)

■「酒でも飲んでろ!」とジャックダニエルレーシングのドライバーは中指を立てた…ニュルブルクリンク 24h_37 (1)

コルベットの2台は残り1時間という時間帯でリタイヤ…

別格の走りを見せつける上位2台は未だスリックのままセミウェットのノルドシェライフェを爆走ニュルブルクリンク 24h_32 (1)

ドッティンガーでスリップから抜け出したいフェニックスアウディだが、トップスピードは完全に互角な為パスする事が出来ないニュルブルクリンク 24h_31 (1)

いよいよ最後のルーティンピットとなるニュルブルクリンク 24h_30 (1)

3位ブラックファルコンまでが実質の勝利圏内と言えるニュルブルクリンク 24h_29 (1)

Live Timing的にFord GTはドッディンガーの入口付近なので、恐らく自身の3回のミスを帳消しに出来れば勝利戦線に残る事が出来たであろう…ニュルブルクリンク 24h_28 (1)

しかし、これがレースなのである…

上位3台は同時にピットアウト!ニュルブルクリンク 24h_27 (1)

僅かではあるが路面からはウォータースクリーンが巻き上がる程、路面の保水率が上昇ニュルブルクリンク 24h_26 (1)

ノロノロクラスで1台だけルーティンがズレていたATS S2000は終盤に来て手痛いタイミングでのルーティンとなり、320iとシロッコにパスされポジションを落とすニュルブルクリンク 24h_25 (1)

路面状況的に絶対的に優位に立つGT-Rニュルブルクリンク 24h_23 (1)

それはSTiも同じと言える路面コンディションだニュルブルクリンク 24h_22 (1)

「ソフトを履けって言っただろ!」っと総監督から激が飛ぶSTiはミディアムタイヤでタイムを落とす…

まぁ現実の24でも早朝のタイヤ選択でドライバーとチーム側で相当揉めてたみたいね…

結果としてはドライバーのチョイスが正しかったんだけど、ちょっと険悪なムードになっていた。

後任を育てるという意味もあるのかもしれないが、VLNでの実走経験も豊富な辰巳体制の方が良かったんじゃないのか…

っという、現実とバーチャルが交錯するノロノロクラスは320iとシロッコの争いにニュルブルクリンク 24h_21 (1)

フレッシュタイヤに履き替えたばかりではあるが、ナーバスな路面コンディションでは如何せん辛いフェニックスアウディをブラックファルコンSLSが捉えるニュルブルクリンク 24h_24 (1)

ケッセルヘンでスリップから抜け出す!ニュルブルクリンク 24h_20 (1)

早朝の奇襲攻撃は見事ではあったが、路面変化の対応捌きで3位へポジションを落とすニュルブルクリンク 24h_19 (1)

1位独走となったファルケンGT-Rはピットクルーにも笑顔が見られ余裕の表情ニュルブルクリンク 24h_18 (1)

フェニックスアウディはブラックファルコンSLSのペースに喰らい付いていきたい…ニュルブルクリンク 24h_17 (1)

ビルシュタインブリッジを抜ければラスト1周…ニュルブルクリンク 24h_16 (1)

「まだレースは終わってないZE!」馬鹿トルクを吐き出すブラックファルコンSLS!ニュルブルクリンク 24h_15 (1)

[23:52.12.015]

Final Lap!!!!!ニュルブルクリンク 24h_14 (1)

 

[SP9]

Pos.1 Falken GT-R #55ニュルブルクリンク 24h_13 (1)

Pos.2 Black Falcon SLS #9ニュルブルクリンク 24h_12 (1)

Pos.3 Phoenix G-Drive R8LMS #1ニュルブルクリンク 24h_11 (1)

Pos.4 H&R Ford GT #4ニュルブルクリンク 24h_10 (1)

Pos.5 Audi Race Experience #14ニュルブルクリンク 24h_9 (1)

Pos.6 Rowe Dunlop 125th #125ニュルブルクリンク 24h_8 (1)

Pos.7 Haribo Racing C6 ZR1 #91ニュルブルクリンク 24h_7 (1)

 

[SP3T~E1-XP]

Pos.1 Castrol CR-Z TC #3ニュルブルクリンク 24h_6 (1)

Pos.2 BMW 320iTC #42ニュルブルクリンク 24h_5 (1)

Pos.3 Götz Motorsport Scirocco GT24 #102ニュルブルクリンク 24h_4 (1)

Pos.4 ATS S2000 #158ニュルブルクリンク 24h_3 (1)

Pos.5 STi WRX TC #120ニュルブルクリンク 24h_2 (1)

Pos.6 Opel Manta(Fake) #140ニュルブルクリンク 24h_1 (1)

Pos.7 Gazoo Racing 86 #136ニュルブルクリンク 24h (1)

24時間レースもいよいよラスト1周、余りにも悲劇的で無慈悲なドラマが起こる…

to be continued

カテゴリー: GRAN TURISMO パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中