Power Film USB Mini Rollup

本当に久々のパワーフィルムネタです。

ブログに「Power Film」のカテゴリーがある事自体忘れかけてましたが、これぞ真打登場と言えるニューアイテムが登場したのでご紹介いたします。

Power Film USB Mini Rollup ¥7,900DSC04662 (1)

  • 超薄膜 超軽量99.5g
  • ソーラーモジュール : 4.8V@200mA
  • リチウムイオンバッテリー : 3.7V@2400mA
  • 充電: ソーラー8-10時間 or 付属のMicroUSB 4-5時間(5V@500mA)
  • 給電 : USB(5V@1,000mA以上)

 輸入元である富士ファインケミカルの物がアマゾンで購入出来るようになった!

まずその大きさに驚く

一番左にある定番のUSB+AA Solar Chargerと比較して、サイズも重量も半分以下!DSC04665 (1)

ソーラー充電のスペックで比較するとUSB+AAは5時間で単3電池を2本、ミニロールアップは8~10時間で内蔵の2400mAバッテリーを満タンに。

パネルの面積もご覧のとおりDSC04667 (1)

単3電池との比較になるが、実際の見た目は自転車のグリップよりも小さいDSC04669 (1)

※実寸大画像

4~5時間の急速充電は付属のマイクロUSBで行うDSC04670 (1)

電子機器への給電は反対側のUSBポートから行うDSC04671 (1)

 充電効率的には大幅な進化は無いものの、Power Filmが登場した当初から内蔵バッテリーの搭載を願っていただけに、今回のモデルは待望のアイテムと言える。

但し、同じエレメント仲間であり、カメラ、パワーフィルムと何かと共通の趣味でお世話になっているkogaiさんからこのアイテムを紹介された時に、「2400mAってちょっと少ないな…」っと感じたのも事実。

後発の他社が大容量バッテリーを搭載したポータブル太陽光ギアを発売しているだけに、老舗のパワーフィルムが何故このアンペア数を発売したのか疑問に感じた。

しかし、これは良く考えるべき問題であり、バッテリーの耐用年数なんてたかが知れているわけで、大容量バッテリーが内蔵されている他社の高価なポータブル太陽光ギアは、300回~500回程度の使用回数でバッテリーが死んだらオシマイ。

そんな物に30,000円とかは正直まだ出せない。

なので、このパワーフィルムの新作の7,900円というプライスタグはバッテリーが死んでも納得出来る範囲内の、見事な価格設定だなと感心!

 

しかし、パワーフィルムであってもまだまだこの手のギアは発展途上。

2009年にパワーフィルムの代理店の方に直にサンプルを見せて頂き即購入。

アウトドアでそれなりに楽しむも、やはり内蔵バッテリーの問題と、充電時間の問題は実用レベルかというと、一般的な価格帯(2万円以下クラス)の物はまだまだ遊びレベルdsc08339281295b25d1

バッテリー機能を搭載しないRollable Solar Chargerも所有しているが出番は少ないDSC08269(1)[2] 5BA87F46

結局「いざ使いたい時にフル充電じゃないと不安」という事もあり、実際の野外活動で活躍するのは太陽光ではない単なる大容量ポータブルバッテリーである18000mAのエナジャイザーばかりdsc01592-1

Power FilmのUSB+AAに関してもソーラーで充電するというよりは、ACで充電しておいたエネループをUSB+AAに入れておき、使用後に電池がカラになったらまた新しくフル充電してあるエネループを入れておくという使用方法がメインに。

正直言って上記の使い方がベストだと言える。

ソーラーでの充電はあくまでエマージェンシー的な用途にしか至っていなかったdsc08177281295b25d1

単3電池2本の為に、5時間以上も太陽光の当たる場所に設置しておく事というのは、実際のアウトドア環境では難しい事。

震災当時、代理店の方から「USB+AAは日本の市場では正規の値段で手に入るところは無くなってしまった」というお話を聞いた。

自分もそれなりに太陽光に関するノウハウがあるにも関わらず、震災の時にパワーフィルムに関して紹介しなかったのは、やはりUSB+AAの「2本で5時間」という充電時間がネックだという理由があったからです。

電池が1本も手に入らない環境なら価値を見出すことが出来るが、やはりまだ厳しい。

「じゃあ何故買うんだ?」

と言われたら「未来への細やかな投資」と断言しておく。

今後の進化に期待!

 

似たような理由(ある局面では実用的ではない)でコールマンのクアッドランタンも「単1電池をあんなに大量消費するランタンなんて震災備蓄用としては向かない」「防災用のランタンとして購入するなら、単3電池を使用する普通のLEDランタンがベスト」って事で紹介しませんでした。

皆さんも防災用品、見直してみませんか?

Power Filmに関するアイテムは富士ファインケミカルのHPをご覧下さい。

広告
カテゴリー: Power Film パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中