Gran Turismo 5 CM 撮影 Part-2

受付で受信専用のシーバーを受け取り隊列を整える

DSC00772(1)

ご近所さんはこんな感じ

DSC00795(1)

エブリィーバンとエレメントというゲテモノ同士が並んだのはホントに偶然

基本的に左から1列ずつ20台先着順×6列=120台という感じなので、列の後方になってしまうのは運次第といった感じ。

DSC00806(1)

恐らく旭川ナンバーのFD2以降はCMでは見切れてるか、運が良くても背景扱いでしょう。

DSC00788(1)

なのでメイキング関係で登場するかもしれませんね。

そしてドライバーズミーティング

DSC00790(1)

THE電通

朝礼も終わり、若干の自由時間

DSC00800(1)

完全に「わ」ナンバーのレンタカーだったワーゲンバン

DSC00789(1)

食いたい人は朝食を取りに来て下さいと言われ取りに行くとコレ

DSC00797(1)

文字通り軽食ですが、ありがたく頂きました。

そして食えば出るモノも出る

DSC00796(1)

手前が配給並びで置くが排泄並び

そろそろ撮影開始

DSC00787(1)

右側のランクスの前の白いフィットは「本田宗一郎が泣いて喜ぶ」3ナンバー仕様!

と言っても、プライバシー保護による偽装ナンバーなのですが、大して映らないであろうナンプレを気にする車両は殆どいませんでした。

※気にしない私含む

白いFDの前にいるクラシックチェロキーピックアップはかなりの暴れん坊だったらしく、走るたびに大量の油煙を撒き散らして、FDオーナーを悩ませたという噂(笑)

DSC_0108(1)

リハは数台ごとに分散させて一斉スタートを1回行い、すぐさま本番

ヨーイどん!っとなるも皆様当然慎重…

DSC_0110(1)

スゲーばらける(笑)

1列ごと撮影スタート位置へUターンする時に、お隣レーンを先頭から観覧

DSC_0157(1)

予想参加車両としては「エリーゼNewミニ無双か!?」っと思っていたが、いくらネジコミ枠の友人を集めたといは言え、チャレンジャー、クーダ、ロードランナーその他大量のクラシックモパーが多すぎ!

いつからグランツーリスモはアメリカンマッスルゲームになったのかってなくらいアメ車率高し!

少なくとも30台以上はアメ車で、全体の中でも1位か2位の割合だった。

むしろ超意外だったのは35はおろか、歴代GT-Rが1台も居なかったという事。

こちらは招致車両を含めた先頭グループ

DSC00804(1)

3Dカメラでの撮影もありました

DSC_0179(1)

そんなこんなで4回くらい撮影を繰り返して昼休憩

DSC00807(1)

THE軽食をありがたく頂きました。

実はコレが本編なんじゃないか疑惑がある、招致車両を含む先頭グループ30台撮影

DSC00810(1)

西武警察のような登場シーン

DSC00809(1)

GTらしい面々です

DSC00812(1)

20km/hで走行し停車

DSC00813(1)

無料のGTカフェも出店

DSC00815(1)

タダ故にスゲー待った…

なんだかんだでお帰りは定刻の15時を過ぎる時間まで軟禁され、特にカラダを動かすわけではないのでみんなヘロヘロ。

サクっとSCEのインタビューを済ませ、トランシーバーを返却する際に、参加粗品を頂く。

DSC00816(1)

賛否両論あったGT5 CM第1弾のWe Love Cars.で実際に滑り台から滑り落とされたミニカー達を配布祭。

結構なボロボロ車両もあり、撮影の厳しさを物語るも偶然私の番で補充が開始され、個人的Car Of The Forever 4WD部門のR35 GT-R TOKYO SMART DRIVE仕様(Kyosho)をゲット!

ブレーキキャリパーも作りこんである、程度の良い物を頂いちゃいました!

DSC00817(1)

他にも撮影で使用したマグネット3枚+マグネット小1枚+吸盤ブルンブルン+ステッカーシートを頂きました。

最後に、5OUL ON D!SPLAYやWeezerのL.A Riot Remix等のGTと縁がありながらCD化されていない様々な楽曲を、私の日ごろのナイスなDJセンスを発揮しCD化した特別音源集を、これもまた縁ですねという事で「旭川ナンバーのFD2」のオーナーに、長距離ドライブ頑張って下さいとお渡しして会場から撤収したのでありました。

エレメントのキーに丁度いいサイズだったので貼ってみました

PA220004(1)

因みに変身するのでキーには触らないで下さい。

「帰るときは外して帰って下さい」

DSC_0082(1)

と言われたので従って帰宅しましたが、発売日までの都内パトロールの際には毎回装着してポリフォニーに無料奉仕してあげようよ思います。

最初は、

「シカタネー!」

「参加してやるか!」

って思っていたけど、参加しているうちに「10年以上もの歴史と、巨額の予算をつぎ込んで製作された大作の1つの作業に端くれではあるものの名を刻める貴重な体験が出来た!」

っと、MAX120台参加中、実質選考による参加は100台に満たない状態で選ばれたという事を光栄に思い、直前のムーンオートによる施工にも感謝しています。

以上!

※今回は安全第一での運転を伴う撮影につき、カメラクルーを助手席に搭載しての参加なので、カメラクルーによる撮影は「※」が画像横に着いておりますのでアシカラズ

カテゴリー: GRAN TURISMO タグ: パーマリンク

Gran Turismo 5 CM 撮影 Part-2 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「大人のフリーラン」in GT5 | expediment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中